体温を上げるメリット|コレステロールを管理する|肥満体型からおさらば

コレステロールを管理する|肥満体型からおさらば

体温を上げるメリット

足

身体を温めて免疫アップ

健康改善の特効薬とも言えるのが温活であり、ほとんどの諸症状は身体を温めれば治ってしまいます。東洋医学でも身体を温めて冷えを解消すれば、病気を予防できるとしています。温活が病気予防に役立つ理由はシンプルで、免疫力を高めて病気を遠ざけてくれるからです。病気を治すよりも防ぐために温活は効果的であり、特に冷えを実感している方に最適な健康改善なのです。冷え性を実感していなくても、体温が35度台という方は確実に冷えています。免疫機能を正常に保つためには36.5度以上に平熱を維持する必要があるので、これを目標に体温を上げていきましょう。体温上昇によって風邪はアレルギー、アトピーといった症状も予防できるのです。風邪をひきやすい方、花粉症が重症化しやすい方なども身体を温めていきましょう。

健康と美容を増進する

健康と美容を同時に実現してくれるケアが温活であり、自宅でも手軽に行えるのが魅力です。簡単かつ確実に身体を温めるには半身浴がおすすめであり、これはのぼせを防げるメリットもあります。全身浴だとのぼせる可能性があり、長時間の入浴後は立ちくらみに襲われることもあります。半身浴はヘソよりもお湯を下にしておけば、のぼせる可能性はまずありません。38〜40度くらいのぬるま湯にゆったりと浸かることで、身体の芯まで温めることができます。昔から半身浴は20分以上行うのがよいとされますが、これは血液が循環する時間に関係しています。血液が全身を巡るまで20分程度かかるため、半身浴や運動などは20分以上行うのがよいわけです。健康増進、美容対策のためにも、毎日の半身浴をおすすめします。