免疫力もアップする|コレステロールを管理する|肥満体型からおさらば

コレステロールを管理する|肥満体型からおさらば

免疫力もアップする

ウーマン

温めるもの

近年、低体温に悩む女性が増え、基礎代謝率も低下し、太りやすい悩みまでが増加しています。健康的にも美的にも改善させる必要があり、自然治癒力を発揮させ、万病リスクを遠ざけることが大切です。誰もができる健康改善法には身体を温める行動やアイテムが挙げられます。身体が温まることで血管は拡張と伸縮性を増し、身体の隅々に必要な栄養と酸素を運んでくれます。酸素が身体に十分行き渡ることで、低体温の悩みに挙げられる冴えない顔に見えるくすみまで改善されます。健康改善のためには36・5度程度が理想的な体温で、冷えから招く腰痛などを緩和するにもカイロや腹巻きなどはマストアイテムです。また、芯からの温めに人気なのはホットヨガなどのエクササイズで、太りやすい体質とストレス解消効果で評判です。

ラクラクエクササイズ

36度未満の体温は俗に低体温と言われ、原因は食生活・睡眠不足などの生活習慣の乱れやダイエットも挙げられます。健康改善させることで、冷えから招く肩こりや腰痛までがラクになります。また、体温が1度上がるだけで免疫力も高まり、風邪などもひきにくくなります。多くの場合、筋肉量の少ない女性や高齢者に多く、ダイエットを継続的に続ける女性は痩せにくい状態を自ら作り出しています。健康的に痩せるにも、成果を得るにも、問題は体温の低さです。肩甲骨周りの筋肉の柔軟性を高めることで改善され、姿勢までが正しくなります。デスクワークなどで身体を動かす機会が少ない女性などが低体温で悩むため、オフィスでも手軽にできる改善策がカギです。肩回しエクササイズで普段使われていない背筋が刺激を受け、血行促進効果により、皮膚表面温度までが自然と高くなります。肩周りの柔軟性を高める一工夫で、体温を1度高めることに繋がります。